幹細胞と再生医療について知りたかった!従来の化粧品開発との本当の違い。

■再生医療の技術から生まれた化粧品原料SakuraStem BM-1 化粧品原料としてのヒト幹細胞培養液の成り立ちには再生医療の発展が大きく関わっています。再生医療の定義を改めて確認すると、「“病気や事故などの理由によって失われた身体の組織を再生すること”を目指して提案された医療技術」となります。 そのため、再生医療では生きた細胞を使ったり、人工材料をうまく使ったり、遺伝子を入れた細胞を使うなど、さまざまな新しい技術を使用した基礎研究が[…More]

幹細胞培養上清のエクソソームって?化粧品製造者が欲しい解析データ

  エクソソーム発現解析表 SakuraStem BM-1のエクソソーム中のmicroRNAアレイ解析をGeneChipTM miRNA 4.0 Array(Thermo Fisher Scientific, Inc., cat.# 902412)を用いて行なった結果、6599個のmicroRNAの内 1046個が陽性であることが確認されました。 ※エクソソームは細胞から分泌される直径50-150nm(ナノメートル)の顆粒状の物質で細胞[…More]

骨髄由来幹細胞の特徴がわからん!化粧品開発者が知りたい優位性まとめ

他由来の幹細胞と比べ、「肌」や「表皮」に対する様々な改善や修復能力があることが分かっています。 ■細胞単位の健康とリバースエイジ(若返り)を実現する骨髄由来幹細胞 人間は細胞の集合体です。私たちの身体は37兆個や60兆個もの細胞でできていると言われています。ひとつひとつの細胞が元気なら、それによって成り立っている組織や器官もすべて正常に働き、日々健康に過ごすことができます。 しかし、細胞が傷ついたり損なわれたりすると、本来の働きができな[…More]

ヒト幹細胞の化粧品原料について!開発者が知っておきたい由来の知識

SakuraStem BM-1 は成体幹細胞から抽出されるナチュラルなヒト幹細胞の培養上清液です。 ■幹細胞とは、すべての細胞の基となる細胞のこと。 幹細胞とは、37兆個、60兆個ともいわれている人体を形成する細胞となる前段階の細胞のことを言います。私たちは誰もが身体の中に幹細胞を持っています。専門的には成体幹細胞(体性幹細胞)と呼ばれていて、自己複製能と分化能という2つの特殊な力を持っています。再生医療の進歩に伴って、この成体幹細胞に[…More]

ヒト幹細胞の違いがわからない!化粧品製造に役立つ幹細胞の基礎知識

SakuraStem MB-1 は、様々な病気の治療や疾病予防、アンチエイジング、手術後のリカバリーなどを目的に、長年の研究開発の末に誕生した骨髄由来幹細胞プロダクト「金太郎細胞」から派生した、化粧品原料としてのヒト幹細胞培養上清液(幹細胞順化培養液)です。 「ヒト幹細胞」と一言でいっても採取元の違いによって、その働きやクオリティー、希少性に違いがあります。一般的に数多く流通しているものは、素材確保や製造コストの安定性を重視したもで、効[…More]