SakuraStemは、成体幹細胞から抽出されるナチュラルな幹細胞培養上清液です。

■幹細胞とは、すべての細胞の基となる細胞のこと。

37兆個、60兆個ともいわれている、人体の様々な細胞になる前段階の細胞のことでもあり、私たちは誰もが体の中に幹細胞を持っています。
専門的には成体幹細胞(体性幹細胞)と呼ばれていて、自己複製能と分化能という力を持っています。
再生医療の進歩に伴って、この成体幹細胞には劣化した臓器や組織を元気にする機能が備わっていることが分かりました。

SakuraStemは、成体幹細胞の源といわれる「骨髄由来」の幹細胞培養上清液です。

幹細胞にはいくつもの種類があります。
代表的なものは、血液の基となる造血幹細胞、神経の基となる神経幹細胞、骨や筋肉・血管・皮膚・脂肪・多くの臓器や組織の基となる間葉系幹細胞などです。
さらに間葉系幹細胞にも、骨髄由来、脂肪由来、臍帯由来、歯髄由来などがあり、その由来元により発現される生理活性物質の性質が異なります。
その中でも、プリミティブな幹細胞(源の幹細胞)といわれる「骨髄由来間葉系幹細胞」に着目し、その生理活性物質を抽出したものがSakuraStemです。
SakuraStemは「ヒト骨髄幹細胞」の培養により製造される幹細胞培養上清液です。

▶こちらも合わせてお読みください
・「SakuraStem」の主な「サイトカイン幹細胞因子」