骨髄幹細胞の肌の美容効果とは?化粧品開発者が気になるポイント

美肌、皮膚のしみ、しわの改善、毛髪など様々なアンチエイジング対策の可能性を秘めています。 ■幹細胞培養上清液とは 再生医療で幹細胞移植に用にいられる間葉系幹細胞*1 を培養する際、作り出される培養上清液*2 には幹細胞から分泌される数百種類以上のサイトカイン*3 や成長因子*4、ケモカイン*5、エクソソーム*6 など多くの生理活性物質が含まれています。 この幹細胞培養上清液は細胞を培養したのち、幹細胞因子だけを分離して「培養上清」を取り[…More]

骨髄由来幹細胞の特徴がわからん!化粧品開発者が知りたい優位性まとめ

他由来の幹細胞と比べ、「肌」や「表皮」に対する様々な改善や修復能力があることが分かっています。 ■細胞単位の健康とリバースエイジ(若返り)を実現する骨髄由来幹細胞 人間は細胞の集合体です。私たちの身体は37兆個や60兆個もの細胞でできていると言われています。ひとつひとつの細胞が元気なら、それによって成り立っている組織や器官もすべて正常に働き、日々健康に過ごすことができます。 しかし、細胞が傷ついたり損なわれたりすると、本来の働きができな[…More]

幹細胞培養上清液の違いを知りたい!エイジングケア開発で戸惑う原料の正しい知識

さまざまな種類(骨髄由来、脂肪組織由来、乳歯歯髄由来、臍帯由来、羊膜由来等)がある間葉系幹細胞グループの中でも、骨髄由来間葉系幹細胞には非常に豊富な活性物質を分泌しており、その誘導因子には皮膚や毛髪の組織再生や高機能化のための活性物質が数多く含まれていることが解明されています。(大阪大学先端科学IVセンター内「皮膚再生技術(ピアス)」の研究より/2016年1月19日) 骨髄間葉系幹細胞VTR大阪大学皮膚再生技術共同研究部門ピアスの研究内[…More]